fc2ブログ

プロフィール

エリゼ

Author:エリゼ
料理教室クッキングサロン エリゼでは各国本格コース料理を家庭で作りやすくアレンジしてご紹介。家族のごちそうに、友人のおもてなしに。レストランレベルのごちそうで喜ばせてみませんか。会食はワインとのマリアージュを楽しんで。クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


お願い

リンクフリーですが、オリジナルレシピですので、無断転載はしないで下さいね!            ご質問・ご連絡は下のメールフォームからどうぞ。

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


web拍手 class="section" id="a2">

鯛の塩釜

鯛の塩釜
鯛を最もジューシーに食べる料理法をご紹介。

鯛の旨みが塩釜のなかで封じ込められ、とっても美味しいです!

我が家で人をよんだとき、よく活躍するのがこの鯛の塩釜。

シンプル&ゴージャスな外観にまずみんなの歓声があがります。

シャンパンを飲みながらいただくと、幸せ気分♪

<材料>

使用するのは、30cm~40cmの大きな真鯛。

見た目を考えてパエリア皿などに載せて焼こうと思ったら30cmくらいのもの。

なるべく大きくド迫力で作る場合はオーブン皿に直接対角線上に載せます。

その場合、うちのオーブンだと40cmくらいでもいけます。

手持ちオーブン皿の対角線の長さが鯛の大きさのサイズのリミットですね。

1Kg~1.2Kgの海水塩(鯛の大きさにより変わります)

卵白(塩1Kgに対して卵1個分の卵白)

ニンニク3~4片

香草適宜(バジル、チャビル、ディルなど。生でなくても瓶詰めでOKです。私は4種類の香草の入ったエルブ・ド・プロバンスをよく使います。)

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 適宜

<作り方>

1. 鯛は魚屋さんに頼んで、ウロコ取り、内蔵出ししてもらいます。
  「カンペーお願いします」というと、やってくれますよ。

2. ニンニクをつぶすか、スライスして、香草とともに鯛のお腹に詰めます。

3. ボウルの中で、塩と卵白を泡立て器でパラッとなるまで混ぜます。

4. 鯛をオーブン可の皿か、オーブン皿に載せ、3の塩で尾以外を包み込むように覆います。

5. 220度に予熱しておいたオーブンに入れて、4を20分焼きます。30cmくらいの鯛ならば20分。それより大きい鯛の場合、様子をみながら焼き足します。塩の表面がうっすらキツネ色になったくらいがベスト。焼きすぎないようにしましょう。

6. 5をオーブンから取り出し、ナイフなどで塩を割り、削り落とし、ケーキナイフなどで取り分けます。

7. 魚にほんのり塩味がついていますが、取り分け皿にエキストラ・ヴァージン・オイルや削った塩を1かけ置いておき、好みでつけてもらいます。

塩をコチコチ割って、鯛の身がお目見えすると、みんなのテンションが上がります。

ニンニクや香草の香りもフワーとテーブルに広がり・・・。

今はやりのエキストラ・ヴァージン・オイルにちょっと凝って、いいものを使いましょう。

リストランテの高級料理ですが、超簡単なので、ホームパーティーや家族が集まる週末のごちそうにいいですよ!


ブログランキングに参加しています☆

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


スポンサーサイト



web拍手

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bisyokunote.blog23.fc2.com/tb.php/2-6dfe9b69

 | ホーム |