FC2ブログ

プロフィール

エリゼ

Author:エリゼ
料理教室クッキングサロン エリゼでは各国本格コース料理を家庭で作りやすくアレンジしてご紹介。家族のごちそうに、友人のおもてなしに。レストランレベルのごちそうで喜ばせてみませんか。会食はワインとのマリアージュを楽しんで。クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


お願い

リンクフリーですが、オリジナルレシピですので、無断転載はしないで下さいね!            ご質問・ご連絡は下のメールフォームからどうぞ。

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


web拍手 class="section" id="a100">
おうちで美味しいワイン&おうち質な素材の手作り料理で祝うクリスマス。
これ以上の至福なときはあるでしょうか
2019エリゼのクリスマスフレンチはご馳走揃い。しかも、手順は意外に簡単というのが嬉しい。
泡と一緒に生徒の皆さんと堪能いたしました。

1品目<天使海老のカダイフ巻 フレッシュバジルとヘーゼルナッツのソース>
天使海老のカダイフ巻
ニューカレドニアの最も綺麗な海で採れる厳しい基準をクリアした美しい天使海老。
フレンチのお店で惜しそうに小さいのが1尾、うやうやしく出てくるアレ。大サイズを2尾、カダイフで巻いて揚げました。
メインにしてもよいゴージャスな一品です。
カダイフは元々中東の料理やお菓子に使われるもので、フレンチレストランでも海老や白身魚などのカダイフ巻ですとか、鳥の巣のように揚げて中に料理を入れて出したりします。
難しそうに見えますが、海老フライを作るより、手順が簡単。
それでいて、パリッサクッ感があって、余ったカダイフは泡のおつまみにちょうどいい。
天使海老は新鮮でプリプリ、安心して食べられる綺麗な味。
「レストランでないと食べられないと思っていた。美味しい!」
「ソースがまた美味しい!エリゼで習うソースはみんな美味しい」
「ご馳走感があって、満足」と生徒の皆さんにもご好評いただきました。
海老フライを出しても感動してもらえないですが、カダイフ巻を出せば、お料理上級者に見えること間違いなしです。

2品目<熱々スープのポット注ぎで完成する魚と彩野菜のミキュイ>
第74講スープ注ぎ魚と彩野菜のミキュイweb
刺身で食べれるお魚の薄切りと軽く熱を通した野菜の入っているスープ皿に、極旨の魚と野菜でとった熱々のブイヨンをポットで注いで完成するスープです。
第74講クリスマスフレンチコース(ポットで注ぐ魚と彩野菜のスープweb)
お野菜もたっぷりとれ、体も温まります。着席した後に目の前で熱々スープを注がれるデモンストレーション感がクリスマス気分を盛り上げて。魚のスープは一度焼いてから出しをとっているので、香ばしさと旨味がぎゅっとつまっています。
「刺身がなくても十分美味しいくらい。良くお出しがでている。」
「野菜と魚を最初から煮てスープにしがちだけど、こうすると、グレードアップしますね」
「野菜と魚の火入れ感がちょうどよい」
クリスマスですもの、ちょっと上をいくスープにしましょう。

3品目メイン<黒毛和牛の黒ビール煮込み ベルギー風シチュー>
第74講黒毛和牛ビール煮込み2 web
これは相当美味しいです!!
黒毛和牛のオックステールを使用。すね肉でもよいですが、やはり、骨のついているお肉で作ったほうが、お出しが美味しいです。
黒ビールで下煮をしているので驚くほど柔らかに。
煮込み時間はかかりますが、手順はものすごく簡単な至福のレシピです。
「一生のうちに食べたシチューのなかで、一番美味しい」
「老舗ホテルのものすごく美味しいシチューみたい」
「深いお味で、お外のレストランでもこんなに美味しいのはない」
「1週間くらい煮込んだシチューのようなお味がこんなにシンプルにできるなんて」
と大好評でした。
これは一生メニューかと。ベルギーのカルボナードというビール煮込みをベースに考案したビーフシチューです。
シラーのようなしっかりした赤ワインもしくは黒ビールがベストマッチ。
作りたてよりも、煮込んだ翌日以降の方がより美味しくなるので、前もって作っておけば、当日慌てず、極旨メイン料理が温めるだけで出せます。冷凍しても、美味しさは変わりません。

4品目デザート<ブリアサヴァランのジェラート 赤い果実のソース添え>
第74講ブリアサヴァランジェラート2 web
ブリアサヴァラン、、、フランスの有名グルマン。
彼の名前を冠したチーズは、シャンパーニュに合わせると最高。
このブリアサヴァランをジェラートにしました。
ブリアサヴァランはフレッシュと熟成させたものがありますが、フレッシュの方を使います。
クリームチーズでは出ない美味しさです!
コクがあって、サッパリしていて、深みがあります。
これにフランボワーズや黒すぐりやブルーベリーのソースを添えていただきます。
「デザートもこれまた美味しい」
「さっぱりしていて、上品な甘さで美味しい」
「チーズ感があるけど、すうっと溶けて後を引く美味しさ」
と喜んでいただけました。

「全品美味しかった」と喜んでいただけたこのコース料理、皆さんのご家庭でもご家族やご友人に喜んでいただいてもらえたら幸いです。美味しい幸せでいっぱいのクリスマスになりますように

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら









スポンサーサイト



web拍手

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bisyokunote.blog23.fc2.com/tb.php/100-9a400355

 | ホーム |