FC2ブログ

プロフィール

エリゼ

Author:エリゼ
料理教室クッキングサロン エリゼでは各国本格コース料理を家庭で作りやすくアレンジしてご紹介。家族のごちそうに、友人のおもてなしに。レストランレベルのごちそうで喜ばせてみませんか。会食はワインとのマリアージュを楽しんで。クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


お願い

リンクフリーですが、オリジナルレシピですので、無断転載はしないで下さいね!            ご質問・ご連絡は下のメールフォームからどうぞ。

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


web拍手 class="section" id="a69">
毎夏恒例のエリゼランチ会。
いつも先生は美味しいお店に連れて行ってくれる、と皆様に大変期待されています。
そんななか、この夏のランチ会に選んだのは、西麻布交差点からほど近く、路地を曲がったところにある「アムール」。上品でロマンチックな雰囲気のあるフレンチ一軒家レストランです。

初めてアムールを訪れたのは昨年11月末。
車海老のビスクをどうしても食べたくなって、こちらのレストランを選びました。
その日のランチはどの皿もすべてエレガントで美味しく、コストパフォーマンスも高く、非常に満足のいくもの。私にとって以来、また来たい!と思わせてくれる数少ないお店の一つとなったのでした。
車えびのビスクは、まさに、こういう味のものを食べたいのよね、を具現化してくれたお味。
しっかりとしたコクがあって、海老の旨味が凝縮。
そして、最後のプチフールの精密な縮小と味の確かさに、こちらのレストランの確かな仕事ぶりが象徴されています。お見送りしてくださったシェフをほめちぎってその日は帰りました。
ランチから数日後の12月、本屋の店頭に出た2012年ミシュランで1つ星に選ばれているのを見つけ、「やっぱり」と思いました。
こちらのシェフはあの美食の王様来栖けいの経営する「エキュレ」の初代シェフを務め、日本やフランスの名店で腕を磨いた方であり、経営はあの「アロマフレスカ」。美味しくないわけがありません。

で、今年のランチ会ですが、やっぱり期待通り美味しかったです!
こちらのレストランは10名以上の会になると、貸切にしてほしいとのことで、
今年はなんと1つ星レストラン貸切という贅沢なランチ会になりました。
フルに客が入ったとしても19名という小さなレストラン。こういうところが、美味しいものを出してくれるんですよね。

料理写真の数々をご紹介します。
こちらの店の料理に共通しているのは、あっさりしていながら、コクや旨味の凝縮感があり、美味しいということ。
一品の量は少なめですが、トータルしてちょうどお腹いっぱい、満足~となる量があり、女性が喜ぶコースになっています。
2013-08-27アムールランチ12013-08-27アムールランチ2
2013-08-27アムールランチ32013-08-27アムールランチ4
2013-08-27アムールランチ52013-08-27アムールランチ6
2013-08-27アムールランチ72013-08-27アムールランチ8

写真を撮り忘れましたが、1番最初には「フレッシュトマトのチュイル クリームチーズ入りとスペイン産生ハムとパルミジャーノチーズの揚げパン」が黒ゴマを敷き詰めたガラスの器に差し込まれる形で出されました。

写真1枚目は「栗カボチャ=錦糸瓜」と「スズキ=冬瓜」。渡されるメニューにはこのようなシンプルな表示。冷たいカボチャのスープに錦糸瓜が載ったものと、スズキのカルパッチョの上に冬瓜がタリオリー二状になったものが載ったお皿。冬瓜のこんな使い方があったなんて!どちらも夏らしく、暑い日に美味しくいただける品。「先生、これ、レッスンで教えて」とおっしゃる生徒さんも。

写真2枚目は「太刀魚=ゴーヤ」太刀魚の新鮮さがわかる、スパイシーな仕上がり。これまた美味しい。

写真3枚目は「帆立貝=焼茄子」。和食のお店ででてきそうな一品ですが、美味しいから、いいです。
これはフレンチじゃないなんて、言いません。これも生徒さんに受けていました。

写真4枚目は「車海老=トマト」。美味しいです!昨年秋に来た時もランチで出ていたので、ひょっとしてこちらの店のスペシャリテなのでしょうか?美味しいから、このお店にきたときは毎回出ると嬉しいかも。

写真5枚目は「フォアグラ=キャベツ}。フォアグラの変わりフリットが初めての食感でした。キャベツやソースをあわせてくどくならずに美味しい。

写真6枚目は「久保さんの豚=夏野菜」。綺麗なピンクに火入れされた豚のまわりには、ドライトマト、クミンパウダー、マルドンの塩、焼いたレモンのパウダーが取り巻いていて、好きなものをちょんちょんとつけていただきます。焼いたレモンパウダーは初めていただきました。夏野菜も美しく、美味しかったです。

写真7枚目は「コーヒー牛乳」。写真のコーヒー味のスフレに、写真を撮りませんでしたが、ミルキーなアイスクリームが添えられました。食後感がコーヒー牛乳ということでつけられた名前なのでしょう。華美ではないですが、コースの最後に食べるデザートはこういうのがありがたいですね。はするっと食べられるデザートです。

最後のコーヒータイムに出てくるミニャルデーズは、見事な縮尺で作られているミニチュアデザートなのに、1つ1つ、味がしっかりしていて、リアルサイズなものと同じ味なのです。ショートケーキは指先ほどの大きさ。どうやって作っているんでしょう?これには、生徒さんたちが、くちぐちに感心していました。小さくて美味しいから、お腹がパンパンなのにもかかわらず、コーヒーとともに完食。

お腹も心も満たされて…、サービスも万全、インテリアも女性好み。何の不満もございません。
幸せ気分に満たされた今年のランチ会でした。


ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら







スポンサーサイト
web拍手

 | ホーム |