FC2ブログ

プロフィール

エリゼ

Author:エリゼ
料理教室クッキングサロン エリゼでは各国本格コース料理を家庭で作りやすくアレンジしてご紹介。家族のごちそうに、友人のおもてなしに。レストランレベルのごちそうで喜ばせてみませんか。会食はワインとのマリアージュを楽しんで。クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


お願い

リンクフリーですが、オリジナルレシピですので、無断転載はしないで下さいね!            ご質問・ご連絡は下のメールフォームからどうぞ。

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


web拍手 class="section" id="a17">

昨年オープンした広尾のモダンフレンチの店。

先日ついにチェックに行く機会に恵まれました。

 

渋谷からバスに乗って天現寺交差点で降り、1分ほど歩くと、レヴェランスの入っているプラチナコート広尾。

道1本入っただけで、とても静かなところにあります。

店内は白で統一され、モダンアートが1点飾られているのみ。

道路に面している面は1面ガラス。

非常にシンプルなインテリアの小さなレストランです。

 

どこか、外苑前のリストランテ ホンダや、三鷹のシンプリーフレンチを思い出す雰囲気があります。

こういう感じのお店って、美味しいものに集中させてくれるんですよね・・・。

会話というよりも、美味しいものが好きな人が味覚に集中できる雰囲気です。

 

そのせいか、私が訪れた日は、男性のおひとり様が2名いました。

グルメな方たちなんでしょうね、きっと。

こうしたちゃんとしたお店って、ひとりでは入りづらいものがあるのが普通ですが、

ここでしたら、何故か私でもおひとり様ができそうな雰囲気があります。

店をしきっているオーナーソムリエは、心からワインを愛しているかなりのグルメとお見受けしました。

このソムリエと話をしながら味を探究していれば、ひとりでも食を楽しめそうです。

 

パリのピエール・ガニェールでサーヴィスをしていた経験もあるという、ソムリエのお勧めする

ジュランソンのグラスワインは美味しかったですよ。

童顔なシェフの作りだす料理は、ヘルシーでとんがり過ぎないモダンフレンチ。

6年パリで修業したセンスで、今の気分のフレンチを楽しませてくれました。

 

アミューズブーシュは古代米のフリットとけしの実が載ったパイ生地。

広尾レヴェランス 009

パイ生地を食べたら、古代米をザーと口に流し込むのでむせないように食べないといけません。

ちょっと変わったアミューズブーシュで楽しいですね。

 

一品目は、ユリ根の冷たいクリーム 舞い降りた<天使>の海老。

広尾レヴェランス 010

天使の海老は、ニューカレドニアからのもの。ロマンチックなネーミングですね。

ニューカレドニアの青い海を思い浮かべながらいただきました。

料理っていうのは、舌はもちろん、思い出やストーリーやイマジネーションでも味わうもの。

こういう背景を感じられる料理って奥ゆきがあります。

アボカド、きゅうり、焼きナス、エストラゴンなども入っていてヘルシー&美味。

 

2品目は、築地市場の魚 サメカレイのポシェ。

広尾レヴェランス 011

今流行りの花ズッキーニには、ズッキーニとバジルが詰め込まれています。

赤ピーマンのソースや、肉の出しのソースで、ちょうどよいコクを感じる味付け。

カレイの縁側のポシェも添えられています。

優しいけれども物足りなくないです。盛り付けも綺麗。

 

デザート1品目。

広尾レヴェランス 007



デザート2品目。

デザート2品目

フルーツカクテルとモヒートのシャーベット。

ミント風味でさっぱりしていて美味しかったです。

 

コーヒーのお伴の少菓子たち。

小菓子



この店では、コーヒー等がコース料金に組み込まれていず別料金。

その代り、通り一遍でない、マニアックなものが出てきます。

ソムリエが、いく種類かのブレンド例をあげるので、その中からチョイスします。

私は、ガテマラと、ブラジル、エルサルバトル、マンデリンのブレンドを頼みました。

他に紅茶、ハーブティーもありますが、紅茶も何十種ものガラスに入った茶葉を見せてくれて、

その中から選びます。

食に対するこだわりをこんなところにも感じますね。

 

若々しい感性のある、ちょっと面白いお店。


ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


スポンサーサイト
web拍手

 | ホーム |  前のページ»»