プロフィール

エリゼ

Author:エリゼ
料理教室クッキングサロン エリゼでは各国本格コース料理を家庭で作りやすくアレンジしてご紹介。家族のごちそうに、友人のおもてなしに。レストランレベルのごちそうで喜ばせてみませんか。会食はワインとのマリアージュを楽しんで。クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら


お願い

リンクフリーですが、オリジナルレシピですので、無断転載はしないで下さいね!            ご質問・ご連絡は下のメールフォームからどうぞ。

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


web拍手 class="section" id="a">
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 class="section" id="a98">
今年もクリスマスシーズンがやってきました!
寒ーい季節だからこそ、ご家族やご友人とのおうちでの温かなディナー、心地よいひとときを楽しんでくださいね。
エリゼでは、12月にクリスマスフレンチコース料理をA、Bの2コースレッスンいたしました。

クリスマスフレンチAでは、
フレッシュ牡蠣の冷静仕立て 海水ジュレと牡蠣ムース パフェ仕立て
クリスマスサラダ
本格オックステイルシチュー
クレームダンジュ フレッシュベリソース添え
をレッスン。

web2017クリスマステーブル
泡で乾杯、クリーミーかつフレッシュさが絶妙な牡蠣の前菜に舌鼓。
牡蠣の冷製仕立て 海水ジュレと牡蠣のムース添えweb
クリスマス気分が上がるサラダ。オメガ3のくるみやくるみオイルを使用。
webxmassalad.jpg
濃厚で深い味わいのオックステイルシチュー。「絶品」「また食べたい!けれど、お教室はお店じゃないから、食べに来られない。自分で頑張って作ります」と生徒さん。作ってさしあげて、ご家族にも喜んでいただいてくださいね。
オックステイルシチューweb
無脂肪のフロマージュブラン使用のクレームダンジュ。おうちで簡単に作れます。クリスマス時期のちょうど出回るフレッシュの苺のソースを添えて。
クレームダンジュweb

クリスマスフレンチBコースでは、
まぐろのコンフィと黄身とろ卵のトリュフ風味
天然海老のクリームロワイヤル バターライス添え
鴨ハンバーグとフォアグラのマリアージュ アイスシードルソース
薔薇のブランマンジェ&ジュレ

サラダニソワーズを因数分解し、グレードを上げた一品です。ぱさついたツナではあく、しっとりしたまぐろのコンフィ仕立て、堅ゆで卵ではなく、とろとろしたソースのような黄身の卵。
webまぐろコンフィととろ卵
ブランデーで風味をつけ、エストラゴンの香る一品。バターライスが合います。
web海老のブランデーエストラゴンソース バターライス添え
鴨のハンバーグの上にフォアグラを載せたクリスマスにふさわしいリッチな一品。鴨on鴨のダブル鴨の贅沢さ、そしてフォアグラに合うアイスシードルを煮つめたソース。濃厚かつ鮮烈、かつ上品なマリアージュです。生徒さん、皆様ご堪能なさっていらっしゃいました。
web鴨ハンバーグとフォアグラマリアージュ
薔薇がかぐわしいブランマンジェとジュレ。「幸せな気分になります」と生徒さん。
web薔薇のブランマンジェ

どちらのコースも、とても喜んでいただき、よかったです!!
「満足~、お夕食いらない」「美味しいお口をずっとキープしたいから、夜、まずいもの食べられない」などと、楽しまれたご様子、ニコニコお帰りになる皆様を嬉しくお見送りいたしました。
お教室でのクリスマスディナーの感動を、おうちでも再現していただければ幸いです。

新年も、美味しく、ヘルシー、上質をテーマに、華のあるわくわくメニューでお待ちしております!!
よいお年をお迎えくださいませ。

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら





スポンサーサイト
web拍手 class="section" id="a95">
クリスマスまであと1カ月。街はすっかりクリスマスモードですね
イルミネーションがだんだん気分を盛り上げてくれます
エリゼではご準備の余裕も考えて、11月にクリスマスメニューをレッスンいたします。

普段のレッスンも華やかな内容ですが、クリスマスフレンチはまた一段豪華な内容となっています。
1品目前菜は「フォアグラフォンデュ」
フォアグラフォンデュ
口に入れるとすっと溶ける、美味なるフォアグラ。無花果など、相性のよい果物や野菜、甘いデニッシュなどを合わせていただきます。レストランではちょびっとしか出てこないフォアグラですが、たっぷりと召し上がっていただきます。フォアグラってそんなに量が食べられるものではありませんが、重くなくて美味しいので、もっと食べられそう。作り方はびっくりするくらい簡単です。鴨よりも高級ながちょうのフォアグラを使用し、贅沢で上品であとをひく美味ですよ~。ボルドーの白ワインが合います。

2品目前菜は「真鯛のパリッとした皮のポアレ サフランミネストラスープ」
真鯛のポアレ スープ仕立て
天然の真鯛の皮目をパリッと焼くやり方をレッスンし、フランス風のトマトを使わないミネストローネのサフラン仕立てのスープに浮かべました。深いお味のスープの浮き身が通常の豆ではなく、鯛という贅沢なスープです。お野菜がたっぷり取れるのが嬉しく、小さな角切りの野菜が具材なので、ブイヨンやサフランその他の香辛料で短時間に作れるスープです。

3品目メイン料理は「本格ブッフブルギニオン」
ブッフブルギニオン
めちゃくちゃ美味しいこのお料理。ほろほろ崩れるように柔らかいお肉とクリームのようなマッシュポテト、深いお味のソースが超絶ベストバランスでお口の中に美味の世界を作り出します。自信を持って、ほっぺを落とさせます!「これは本当に最高に美味しい」「あまりに美味しくて無言で食べてしまいます」と生徒さんたちに大変喜んでいただきました(*^_^*)我が家でも家族から、クリスマス&お正月に作ってとリクエストされています。「ここのうちの子供に生まれたかったです」とおっしゃる生徒さんも。ブルゴーニュのお料理ですので、ブルゴーニュのピノ・ノワールを合わせていただきました。

4品目デザートは「チョコレートのテリーヌ」
チョコレートのテリーヌ
これまたヒット作です。混ぜただけとはとても思えない濃厚、リッチな満足感のあるデザートです。冷凍庫で冷やし固めるだけですが、すっと切れて断面も綺麗。アイスクリームと生チョコレートの間のような新食感です。「これは好きな味!」「美味し~い」と喜んでいただきました。コーヒーにぴったりですよ。食後、ウイスキーのつまみにするにも合います。

クリスマス、お正月に活躍しそうな内容、かつコースとして魚、肉、野菜、甘味とバランスがとれていますので、生徒さんたちも大満足、「美味しくて幸せです」と幸せ気分でお帰りいただきました。
また、来年も美味しい幸せを生徒さんやそのご家族、ご友人にお届けできたら嬉しいです・・・

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら



web拍手 class="section" id="a88">
クリスマスツリーがショーウィンドーにも飾られる季節となってきました。
今年はおうちで手作り、クリスマスフレンチディナーを楽しんではいかがでしょう。
食材にこだわり、ソースにこだわった、素敵なコースを先日ご紹介しました。

1品目「島根隠岐の岩牡蠣 ゆるとろジュレとカクテルソース添え」
WEB岩牡蠣のジュレ&カクテルソース
隠岐の島の綺麗な海で育ったブランド岩牡蠣は、普通の牡蠣の倍ある大きさかつ、一流料亭で出るレベルの美味しさ。私が今までに食べた牡蠣のなかでも、美味しさは3本指に入る、抜群の鮮度と美味しさ。このお取り寄せ牡蠣をさらに、美味しさアップする海をイメージしたゆるとろジュレとカクテルソースで、バージョンアップ。皆様、それはとても感動なさって、喜んでいらっしゃいました。ゆるとろジュレをかけた状態で一口、そこにカクテルソースを垂らしてまたいただくと、アクセントが加わりまた違う味わい。ジュレだけでも美味しいとすするようなジュレとなっております。それに最高レベルの牡蠣ですから、一生忘れないインパクトがあります。食べた瞬間、皆様「美味しい」と口ぐちにおっしゃっていました。牡蠣の下にはかち割り氷を敷いて。そんな演出も「気分が上がる~」と喜んでいただけました。

2品目{海老と香味野菜のビスク」
WEB海老のビスク2
濃厚な海老のビスク!秋冬になると飲みたくなってくるこのスープ。私、大好きなんです。自宅でだって、美味しく作れますよ。有頭海老の殻やミソだけでなく、身も使い、野菜もたっぷり入り、そのエキスがつまった味わい深い、奥行きのあるスープです。作り置きできるので、クリスマス前日に作っておいてもいいですね。これ一品だけでも、栄養バランスもよいせいか、満足して満ち足りた気分になります。皆様、最後パンでぬぐって綺麗に召し上がっていただきました。これまた評判よろしく、是非おうちで作りたい!とおっしゃっていらっしゃいました。作っている間にも、キッチンが美味しい香りでいっぱいになります。

メイン料理「熟成黒毛和牛のステーキ グラタンドフィノワ添え」
WEB熟成和牛のステーキ グラタンドフィノワ添え
熟成した牛のステーキ方法は、熟成していないステーキとはやり方が違うので、懇切丁寧にご指導いたました。健康志向もあり、肉本来の旨みを味わうということで、赤身の熟成肉がブームですよね。霜降りでなくても、柔らかく焼き、熟成肉特有のナッツ香、肉感を堪能していただきました。今はレストランで食べるものみたいな感じですが、今後はご家庭でも熟成肉を焼くことが増えてくるかと思います。付け合わせはフランスサヴォワ地方でよく食べられるじゃがいものグラタンドフィノワ。卵入れずにあっさりとクリーミーな仕上がりにしました。

デザート「赤い果実とショコラ・レのビュッシュドノエル」
webビ¥ビュッシュドノエル横ソースなし
やっぱりビュッシュドノエルはテンションが上がりますよね!
どんとテーブルの真ん中に飾っておけば、クリスマス当日気分が上がることでしょう。
コース料理の最後にケーキというのは、重くなりがちなのですが、小麦粉が極少量のふわ軽仕立てなので、全然うっとなりません。
食事でお腹一杯でも、お代わりがほしくなるようなデセール仕立てです。ヴァローナ社のショコラ・レをたっぷり使用のクリームもくどくなくて、すっと口に入ると溶けて、いつまでも舐めつづけたいような美味。
webビュッシュドノエル一人前①
切り分けたあとは、苺、ブルーベリー、フランボワーズなどの果実を周りに散らして、フランボワーズソースやヴァニラアイスクリームを添えてあるので、お口もさっぱりして、お腹が整う感じです。

「いつも美味しくて感動するけど、今回もまた全品手抜きのない美味しい料理ばかり」「考え抜いているお料理」とおほめいただき、嬉しかったです。いつも私にできる最高のものをお出ししようと、ベストを尽くしておりますが、美味しいと喜んでくださる皆様がいらっしゃるからこそ、がんばれるんですよ~♡

素敵なおうちクリスマスディナーで素敵な年末をお過ごしくださいませね。

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら




web拍手 class="section" id="a89">
魚介と夏野菜のレモンマリネ、新玉ねぎのヴィシソワーズ、京都産鴨のコンフィ、ショコラブランのムース 赤い果実ソースという、肉、魚、野菜、果物のバランスが取れた、しかもそれぞれが美味!なフレンチレッスンをいたしました。

1品目「魚介と夏野菜のレモンマリネ」
web魚介のレモンマリネA
海老、タコ、フレッシュノルウェーサーモンなどの魚介を丁寧に下味つけをし、夏野菜と特製レモンマリネソースで和えました。夏ですから、さっぱりしつつ旨!と感じるように、歯ごたえのための下処理、マリネソースの味つけに気を配りました。塩レモンにある隠し味を足して、食欲をそそるお味なんですよ。簡単かつ美味しい、活用される機会も多いメニューだと思います。

2品目「新玉ねぎのヴィシソワーズ」
web新タマネギのヴィシソワーズ
シンプルなスープこそ、素材と料理の丁寧さが際立ちます。鶏ブイヨンの本格的作り方からレッスンいたしました。にごりのない鶏ブイヨンにはコツがあります。ブイヨンだけでも美味しいと思えるものを作り、それをしんなりと炒めた甘みのある新玉ねぎと合わせており、生クリームでコクを増しておりますので、間違いなく美味なるスープとなっています。

メイン料理「京都産鴨のコンフィ タスマニア産マスタードソース 皮つきじゃがいものエシャロットソテー添え」
web鴨骨付きももコンフィ縦2
コンフィ!皆様、大好きですよね。肉がほろほろとなりながら、しっとりしているコンフィは大好きなフランス料理のひとつです。おうちでこのレベルが食べられるんですよ~。鶏でやってももちろん美味しいですが、比べてしまえば、やっぱり鴨のコンフィの方がさらに美味しいので、鴨、それも骨付き京都産鴨でお出ししました。老若男女、誰もが美味しい!と感動するお味になっていると思います。おうちで作るいくつかのやり方をご紹介、そのうちのひとつでデモンストレーションしました。ソースもシンプルかつコンフィを引き立てるお味。ほくほくの皮つきじゃがいもも一体化した美味しさです。「先生!ありがとうございます!」と心からおっしゃっていただいて、私も、お味を追求したかいがありました。

デザート「ショコラブランのムース いろいろベリーの赤い果実のソース添え」
webショコラブランA
ヴァローナ社のショコラブラン使用のムースをセルクルで作り、その上にとろみをつけた赤い果実たちのソースを載せています。濃厚でありながら口どけのよいムースと赤い果実を合わせてお口に運ぶと美味なる世界が広がります。クリーミーと果実の酸味の融合した、上質なデザートで、最後、満足感を盛ってしめくくりました。

さっぱりした魚介と野菜のマリネ、濃厚なコクのスープ、旨みが凝縮したコンフィ、口を最後喜ばす甘美なデザート、
と飽きさせない展開のフレンチ、皆様にご満足いただけたようで、私も嬉しかったです。

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら



web拍手 class="section" id="a81">
2014年も美食で締めくくりましょう。
トリュフにシャラン鴨、トロのようなノルウェーサーモン・・・
美味しい幸せにあふれるクリスマスフレンチに皆様「来てよかった~」と大喜びでいらっしゃいました。

1品目は「トリュフのとろとろオムレツ~パルミジャーノごはんのおやきにのせて」
webトリュフオムレツ
とろとろのオムレツをパルミジャーノごはんのおやきの上に載せ、すっとナイフを入れて、左右に切り開いたとろとろの上に、トリュフをふんだんにスライスしてのせました。「すごく、香ってる~」「美味し~い!」と皆様興奮気味。
トリュフはご家庭ではなかなか入手できないでしょうから、今まで使用をためらっていましたが、
やっぱり、クリスマスはトリュフ、楽しみたいですよね!
教室では本物トリュフを使用しましたが、ご家庭で作ることを考えて、実はトリュフなしでも十分美味しいメニューに作ってあるんですよ~。とろとろのクリーミーなオムレツのコツをご伝授、これだけでも美味しいのを、やはりそれだけで美味しいパルミジャーノごはんのお焼きにのせているので、ダブルに美味しくてほっぺがゆるんじゃいます!
これをさらにトリュフでグレードアップ、トリプルの美味しさが楽しめるのが、今回の前菜です。
そして本物のトリュフでなくても、トリュフオイルやトリュフ塩の使用で、かなり香るので、そうしたこともレシピに書いて、皆様が食べるだけで終わらないように工夫しました。
それにしても、トロトロ卵とトリュフの相性、抜群です!そして作り方はとても簡単!

2品目は「ノルウェースモークサーモンの彩り野菜と香草ポム・ピュレ包み~クリスマスサラダ仕立て」
webスモークサーモンサラダ
これはかなりの美味しさです。
私がノルウェーで食べて美味しいと感じたスモークサーモンと同じ美味しさを感じた、とろけるような上質なスモークサーモンを使用。これはかなり探しましたよ~。そのスモークサーモンの下には、口に入れたとたんにすっと消えるような食感のじゃがいものクリーミーマッシュポテトが隠れています。そして、そのマッシュポテトのなかには、美味しいスープで軽く煮たクリスマスカラーの野菜や香草が隠れています。そのスモークサーモンの周りには京都産の菜の花や、有機野菜たち。
繊細で上質、味も食感も最高に美味しい出来になっています。皆様くちぐちに「美味しい・・・」の言葉しかありません。
スモークサーモンの入手先、野菜の入手先まで、皆様、熱心に聞いていらっしゃいます。

メインは「シャラン鴨のロースト オレンジソース&チョコレートソース」
webシャラン鴨のロースト
鴨のなかでも高級なフランスのシャラン鴨を使用したロースト。
ピンクに仕上げるコツをご伝授。鴨にオレンジソースはよく合わせますが、チョコレートソースもダブルで合わせたお料理は私もお外のレストランで食べたことはありません。美味しいに違いないと作ってみたら、予想たがわず美味しくできました。鴨とオレンジは仲良し、オレンジとチョコレートは仲良し、鴨に甘いソースは合うのですから、この3つがマリアージュしたらそれは美味しくならないはずがありません。果汁トフォンドボー、ワイン、ブランデーなどなど、煮詰めてできあがったオレンジソースをたっぷり、そして、赤ワインを煮詰め、スイートチョコレートだけでなく、いろいろな香辛料を配合して作ったちょっとエスニックで大人なチョコレートソースを贅沢にダブルソースでいただきます。クリスマスナイトにふさわしいメインです!「アビランドのお皿にふさわしいお料理ね」「ソースがすごく美味しい」「憧れのシャラン鴨、美味しい」と皆様にも喜んでいただきました。チョコレートソースのお料理は皆様初めてとのこと、皆様興味しんっしんで、他の利用法なども詳しく質問が飛んでいました。

デザートは「紅玉のジュレとスープ2層仕立て」
web紅玉ジュレとスープ
メインのソースがチョコレート使いですので、デザートはさっぱり系で考えました。
上質な真っ赤な紅玉を使用。その皮の色を抽出したジュレの上には、紅玉の実を軽くソテーして作った、アップルパイ風味のソルベがとけ込んだスープが載せてあります。りんごのデザートはアップルパイや焼きリンゴだけじゃないんですよ~。
さわやかに、甘さと酸味を楽しんで。ジュレとスープをいっしょにお口に運ぶとちょうどよい感じです。
「デザートも美味しいです」「りんごのこういういデザートは初めて。こういう作り方があるんですね」と生徒さん。

お帰りも美味しい幸せに包まれて。
「全部美味しかったです!」と皆様に喜んでいただきました。よかった~!
皆様年末のお忙しいなかご参加くださり、私もご期待に応えられて嬉しいです(*≧∀≦*)
皆様の幸せなお顔を見るのが、私の幸せ。
来年も、がんばりますね~

ブログランキングに参加しています☆

 

クッキングサロンエリゼのホームページはこちら
クッキングサロンエリゼのホームページはこちら









web拍手

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。